ありがとう腎臓病

このブログは25才で腎臓病と診断されたKIYOKUNが、ある人からの「腎臓病に感謝」という言葉をきっかけに、毎日を精一杯生きてHAPPYな人生を歩む物語です。

其の5
精密検査

 

精密検査の通知を受けても、僕は全く気にもしませんでした。

自覚症状が無かったからです。

 

学校の授業、放課後の野球部、家に帰っての教材研究は毎日夜の1時過ぎまでし、

朝は6時に起きて学校に行っていました。土曜、日曜は野球部の練習と試合でした。

 

僕は体力に自信があったので、精密検査を受けたら、はっきりしたことがわかるだろう。

異常無しといわれるだろうと思っていました。

 

精密検査は大きな総合病院の腎臓専門の先生を紹介してもらいました。

 

 

  • twitter
  • facebook

コメントはこちらから

名前
メールアドレス
URL
メッセージ

CAPTCHA


*