ありがとう腎臓病

このブログは25才で腎臓病と診断されたKIYOKUNが、ある人からの「腎臓病に感謝」という言葉をきっかけに、毎日を精一杯生きてHAPPYな人生を歩む物語です。

其の53
それしかなかった

 

S先輩と「心のラーメン」食べてから僕はまた、いつもの日常に戻りました。

腎機能の検査結果のクレアチニンが3.0にならない様に少しでも良くなる様にの毎日でした。

Tさんに教わった通りに祈りました。

食事も玄米菜食です。

玄米菜食にしてから自分で食事を作る様になりましたが、母も忙しい中手伝ってくれました。

 

クレアチニンが2.5を越してからしんどさが一段と増してきました。

体もだんだんと動きがノロノロになってきました。

 

でも、しんどくない様に振る舞ってきました。

全てに打ち勝っていく様に祈っていきました。

 

祈ってばかりでしたが、もうなんだかそれしかなかったのでした。

 

 

  • twitter
  • facebook

コメントはこちらから

名前
メールアドレス
URL
メッセージ

CAPTCHA


*