ありがとう腎臓病

このブログは25才で腎臓病と診断されたKIYOKUNが、ある人からの「腎臓病に感謝」という言葉をきっかけに、毎日を精一杯生きてHAPPYな人生を歩む物語です。

其の107
必死で勤め先を探す

 

P社を辞退してから僕は必死で勤め先を探し始めました。

僕の体に合った職場は無いかと車であちこち走り、

電話帳で必死に探しては電話をかけて売り込みをしました。

しかし、なかなか思う様な条件は見つかりませんでした。

08

この時点では失業保険の給付をまだいただいていましたが、

失業保険の期限も迫ってきました。

少し焦りも出てきました。

 

S先輩と会って激励してもらいました。

晒さん

S先輩は

「今の努力を続ければ、必ずkiyokunに合った最高の職場が見つかるから絶対に大丈夫。」

と言って勇気づけてくれました。

 

そして、ハローワークで税理士事務所を紹介され面接の結果、内定をいただきました。

この仕事は座ってする事務仕事なので僕にも出来そうだと興味がありました。

でも実際の仕事内容を知らないので友人で税理士しているU君に相談に乗ってもらいました。

やはり決算期は忙しくなって体力勝負になってくるので僕には合わないのではとU君はアドバイスしてくれました。

 

 

なかなか、僕の体に合う職場は見つかりませんでした。

 

 

  • twitter
  • facebook

コメントはこちらから

名前
メールアドレス
URL
メッセージ

CAPTCHA


*