ありがとう腎臓病

このブログは25才で腎臓病と診断されたKIYOKUNが、ある人からの「腎臓病に感謝」という言葉をきっかけに、毎日を精一杯生きてHAPPYな人生を歩む物語です。

其の140
母からの申し出

 

ドナー経験者のSさんと出会っていろいろとお話を聞いていた頃、

母から僕に腎臓移植の申し出がありました。

僕が腎臓病になったはじめのころから、母は自分の腎臓を僕にあげようと決意していたようでした。

僕がCちゃんと結婚してこれから二人で良い人生のスタートをして欲しいと腎臓移植のお話を僕にしてくれました。

haha

振り返ると、僕は腎臓病になってから腎不全末期の食事療法をしてきました。

それでも治らないので断食もためしてみました。

ガリガリに痩せ細って全身が骨と皮だけになりました。

必死の努力の甲斐も無く病状は悪くなって人工透析治療になりました。

その間、約10年です。

 

母は言いませんが自分の子どもが苦しんでいるのを見るのがそうとう苦しかったんだろうと思います。

母も長年、股関節が悪くてひどい痛みに苦しんでいました。

そして人工股関節手術で楽になりました。

今度は僕に腎臓をあげて元気になって欲しいと思ってくれたのでした。

 

ただ腎臓移植の手術といっても、とてもおおごとです。

気にかかる事がいくつもありました。

僕も母も仕事をしていましたから入院の間の仕事の事。

入院をしたらその間の家のことや家族への迷惑がかかること。

そしてなによりも手術の成功の事。

母から腎臓をもらっても僕に適合するのか。

腎臓を一つ失った母は元気でいられるのか。

 

そして僕を一番悩ませたのが生きている母の健康な体を引き裂いてまで臓器をもらって良いのか。

そこまでしてもらって僕は元気になっても良いのだろうか。

僕は母からのせっかくの申し出をすんなりとは受入れられませんでした。

 

 

 

  • twitter
  • facebook

コメントはこちらから

名前
メールアドレス
URL
メッセージ

CAPTCHA


*