ありがとう腎臓病

このブログは25才で腎臓病と診断されたKIYOKUNが、ある人からの「腎臓病に感謝」という言葉をきっかけに、毎日を精一杯生きてHAPPYな人生を歩む物語です。

kiyokun夫婦

其の7

腎生検

職場を一週間休ませてもらって、H先生の病院に入院の準備をして再度行きました。

精密検査は「腎生検」といいました。

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の6

H先生

総合病院での担当の先生はH先生でした。

H先生は若くて元気で気さくな先生でした。

この時はまさかH先生とは、その後約20年もおつき合いが続くとは思っていませんでした。

 

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の5

精密検査

精密検査の通知を受けても、僕は全く気にもしませんでした。

自覚症状が無かったからです。

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の4

検診

そんなこんなで始まった新しい先生生活の中に、職員の健康診断がありました。

僕も他の教職員の方々と一緒に受けました。

でも後日、僕だけ他の人と違っていました。

 

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の3

教員生活

新米先生の僕は2年生の副担任と野球部の顧問を受け持たせてもらいました。

何も知らない僕はベテランの女性の担任の先生にお世話になりながら、

教員生活をスタートしました。

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の2

新任

僕は約20年前に大学を卒業して学校の先生をしていました。
中学校の先生です。
各学年1クラスの小さな学校です。
学校は田舎にありました。

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook

其の1

はじめまして

こんにちは。

はじめまして。

僕のブログにようこそおいでくださいました。

僕はKiyokun 今、44才です。

> 続きを読む

  • twitter
  • facebook